MacでWindowsを起動するソフト「Boot Camp(ブートキャンプ)」登場

アップルコンピューターからBoot Camp(ブートキャンプ)のパブリックベータソフトウェアが発表されました。

Intel(インテル)搭載のMacと、このソフトを使用してWindows XPの起動ができるようになりました。

Boot Campの登場によって、アップル株まで上昇したらしいです。

Boot Campって?

マイクロソフトWindows XPのインストールディスクを持っていれば、Intel(インテル)搭載のMacに、Boot Camp(ブートキャンプ)を使用して、マイクロソフトWindows XPをインストールできます。

Windows XPインストール終了後には、アップルMacOS X、マイクロソフトWindows XPのどちらを起動するか選択できるようになります。

Boot Camp(ブートキャンプ)は、アップルの次期MacOS X「Leopard(レパード)」の一機能となる予定です。

Boot Camp(ブートキャンプ)の感想

今現在、WinノートとMacノートを1台づつ持っていて、出かける時に今日はどっちにしよう・・・となっていたのですが、これでそんな悩みもなくなりそうです。

このBoot Camp(ブートキャンプ)の登場で、iPodの時みたいにじわじわと、WinPC市場を食ってしまうのかな?現在のWinPC生産メーカーには、このBoot Camp(ブートキャンプ)は、かなりの脅威では?

もちろん家では、Boot Camp(ブートキャンプ)&Windows XPインストール済みMac1台だけで、必要な作業はできちゃうと思います。

ただ、アップルMacOSX、マイクロソフトWindows XPの同時起動ができないのだけが難点で、再起動の連発に悩まされそうです。