「target="_blank"(ターゲットブランク)」で別ウインドウ表示させる

別サイトに飛ぶリンクには「target=”_blank”(ターゲットブランク)」をつけましょうねー(*´∀`*)という話があります。

これは以前、アフィリエイターの中では常識ともされていたお話です。

なぜかと言うと・・・

  • リンクから別のサイトに飛んでしまった場合、自分のサイトに帰って来なくなってしまう
  • 別ウインドウで開くと、元の自分のページが開きっぱなしになってるから、ちゃんと帰ってくる

このような理屈からです。

しかし、サイトを見る側としては、外部リンクをクリックするごとに、新規ウインドウや新規タブが開いたら邪魔な感じがして、結局、どっちがよいのかわからないような状態になっています。

ただ、ちょっとW3C(World Wide Web Consortium)とか気にする方や、ユーザー目線でサイトを作成されている方は、はずしておいたほうが良いかもしれませんね^^

target=”_blank”(ターゲットブランク)の使い方

target=”_blank”(ターゲットブランク)の使い方は・・・

[html]<a href=""リンク先のURL" target="_blank">リンクのテキスト</a>[/html]

このように記述すると、リンクをクリックした人に、強制的に新規タブや新規ウインドウを開かせることができます。

最近では、付けたい人は付ければ?というぐらいのものになってしまっているので、サイトを作る側の考えだけで全てが決まっていることが多いです。

まとめ

自分のサイトにものすごーーく自信があって、このコンテンツは絶対もう一回見に来るはず!というのであれば、「target=”_blank”」は必要ないですが、逆に自信ない場合は2度と帰ってこない可能性のほうが高いので「target=”_blank”」を付けておいたほうが良いのではないでしょうか?

まー、流行を気にする方は、外しておくのが自然ですね^^