最新型の第3世代 iPod shuffle は話しかけてくれる

アップルから3月11日に、第3世代「iPod shuffle」が発表されました。

iPod shuffleは、今まででも小さかったのに、さらに半分ぐらいのサイズになり、縦型にもなったので、ガム型のiPod shuffleをちょっと思い出しましたが、ガム型iPod shuffleの数倍も性能は上です。

今回の大幅な改良によって、iPhoneやiPod touch、iPod nano等を持っている方の中にも、第3世代 iPod shuffleを買ってみようかと思う方も多いのではないでしょうか?

iPod shuffleが話す仕組み「VoiceOver2

今回の大幅な改良で、とても便利な「VoiceOver2」という機能が搭載されました。

画期的な新機能、VoiceOver2で、iPod shuffleがあなたに話しかけます。ボタンを押すだけで、いま聴いている曲名、アーティスト名、そしてプレイリストの名前を音声で教えてくれます。音楽をナビゲートする、まったく新しい方法の登場です。
Apple公式サイトより引用より引用

もともと液晶等がないため、他のiPodシリーズよりも、聴きたい曲が探しにくいといった欠点がありましたが、VoiceOver2があれば、液晶画面がなくでも大丈夫です。

第3世代「iPod shuffle」になって変化したところ

今回の改良で、大きく変わった所がもう一つあります。

それは、コントローラ部分が本体ではなく、右側イヤーピースのケーブルに移動したということです。

本体がさらに小さくなったので、そこにコントローラー部分を配置しても、操作しにくいということかもしれませんが、ケーブルに移動したということで、とても操作が手軽にできるようになりました。

また、容量も4GBと、およそ1000曲分ほどの容量になっていて、バッテリーの最大の再生時間が10時間なので、この容量アップは、いっぱい詰め込みたい方にはとてもうれしいですよね。

本体が、そのままクリップのように挟めるという構造は健在で、さらに挟みやすくなっていますし、挟んだときに外側になる部分にアップルのロゴが配置されていて、とてもオシャレに見えます。

他のiPodシリーズを持っている方も、スポーツをする方は、最新型の第3世代 iPod shuffle を1台買い足すと、毎日のジョギングが楽しくなるかもしれませんね。

ただ、本体がとても小さくなったので、無くしてしまわないように十分に注意する必要がありそうです^^;