Appleが開発中のブラウザ専用音量コントロールパネル

アップルが便利なものを開発しているようです。その便利な物とは、ブラウザ専用の音量コントロールパネルというもので、ブラウザの右上に音量を調節できるパネルが配置され、ミュートボタンも用意されているらしいのです。

アップル、新たなブラウザ専用の音量コントロールパネルを開発中(CNET Japan)

これで、何が便利になるのか?というのが気になるところですが、この機能がブラウザに実装されると、「ブラウザの音量のみ」が調節できるようになります。

もしWebサーフィンを楽しみながら、iTunesやスカイプ等のアプリケーションを利用している場合、見ているホームページからいきなり音が鳴り出したら、ちょっと嫌ですよね?

そういったことを防ぐ事ができます。

この機能の開発には、ミュートボタンの配置もほぼ確実なので、音量の調節をしていなくても、一瞬で無音にする事もできますね。

ブラウザの音はいらないけど、そのほかのソフトウェアの音は欲しいと思ってる方、かなり多いのではないでしょうか?

これが、一般に普及すれば、とてもよいWebサーフィン環境ができそうです。