MacBookのハードディスクを交換して容量を増やす

MacBookのハードディスクを交換したことのある人けっこういるみたいですが、交換したことありますか?というか、標準のハードディスク、容量足りていますか?

最新のMacBook等のハードディスクはたいぶ容量が増えてきていますが、旧モデルのMacBookだと容量が足りないといっている人も多いみたいです。

MacOS X とWindowsを両方インストールしていると、足りないなぁという感じになってくるみたいですね。

特に、Vistaを使用していると、勝手に空き容量が減っていく現象が起こったりして(復元ポイント削除等で回避できる場合もアリ)、XPからVistaに変えた途端、急激にMacBookのハードディスクの容量が減り、もっと容量の大きなハードディスクに変えられないかなぁと考えはじめます。

ハードディスクの交換方法は、一部のモデルですがアップルがPDFファイルで公開していますので、そのPDFファイルを見ればわかると思いますが、アップルが公開している手順通りにやらないと保障が受けられなくなるので注意しなくてはいけません。

また、交換するハードディスクが純正品でない場合の保障等は確認していないので、交換前にアップルに確認することをおすすめします。

交換するにあたって、保障等はどうでもいいやという方は、安く済ませるためだったら、バルク品でも良いと思います。

勘違いしている人も多いのですが、バルク品はアウトレットなどのB級品や試作品を販売しているわけではなく、簡易包装、説明書がつかない等のコストを下げている製品という解釈のほうが主流です。一般的な考え方をすると、業務用の大量生産品のような感覚で覚えておけばよいでしょう。

自分で交換するのがどうしても不安な人は、ハードディスク交換サービスをやっている会社がたくさんあり、アップル製品のハードディスク交換のサービスをやっている会社もあるので、自分の気に入った会社を探して頼んでみるのも良いでしょう。