iPhoneでプッシュメールを使うことについて

iPhoneがMMS対応になったことによって、iPhone 3GでもiPhone 3GSの両方でS!メールが使えるようになり、いわゆる「プッシュメール」が簡単に使えるようになりました。

プッシュメールとは、普通の携帯電話のように、メールが届いたら自動的に携帯に送信されるメールで、一般的にパソコンで使われているような、サーバーに読み出しにいくようなメールはプッシュ式ではありません。

今まで、iPhone自体がMMSに対応していなく、@i.softbank.jpというアドレスを作成して対応していましたが、MMSに対応したことによって、S!メールにも対応することができ、通常のソフトバンクのアドレス「softbank.ne.jp」が使用できるようになり、事実上、プッシュメール機能に関しては、通常の携帯とあまり変わらなくなり、Gmail等も便利に使うことができるので、メール機能全体では、通常の携帯を超えるような機能を手に入れたと言っても良いでしょう。

今回、ソフトバンクが正式にプッシュメールに対応しましたが、以前からMobileMeや、yahoo.com等のアドレスでは、プッシュメールの機能を利用できていたので、PCメールと携帯メールの両方のメールが、プッシュメールとして受信可能になり、Gmail等のプッシュ式ではないメールも使うことができるので、たとえば、携帯同士ではソフトバンクのアドレスを使い、良くやり取りするPCメールはMobileMeやyahoo.com、メルマガや、サイトの会員登録、ユーザー登録等にはGmailにするなど、使い分けがiPhone1台で使い分けも可能です。

iPhoneがソフトバンクのプッシュメール(S!メール)に対応したことによって、受けられる恩恵は大きいでしょう。今まで通常の携帯と2台持ちしていた方も、iPhone1台だけで済む方も増えると思います。