せどりの動向は?

せどりというのはかなり昔からあって、アフィリエイトやドロップシッピングが一般的になるもっと前から行われている手法ですので、せどりの新規参入をしようと思っても、もう既に飽和状態で儲からないと思っている方も多いようです。

実際、何年も前に、せどりが爆発的に人気が出た当時、ブックオフが一部の店舗で「同業者お断り」の張り紙を貼り、一度にあまりにも大量に購入していくお客さんに対して、同業者お断りですというふうに、販売を断っていたというケースも、色々なせどり関連の掲示板で見かける時期もありました。

このような事もあり、更にせどりの手法は高度になり、情報商材等で優良販売されることも珍しくはなくなりました。

こういったせどり業界、古本業界の動向を理解した上で、もっともっと仕入れの効率化を図る方も増えていきました。

実際に、昔だったら100円コーナーで適当に買ってきても、簡単に売る事ができましたが、現在では全然売れない本の在庫を大量に抱えてしまうことにもなりかねないので、お小遣い稼ぎでやっている程度の方は、大量買いするより、携帯サーチを使って、的を絞って仕入れるという方のほうが多くなってきました。

また、最近では、インターネットをフル活用して、仕入れから販売まで、全てネット上で完結させるといった、徹底的に無駄を省いた手法使う方も増えてきています。

最近のせどりの動向としては、リアル店舗から、ネット上に移り変わってきていますし、新たな手法も編み出されてきていますので、そういった動向に敏感についていけるのであれば、まだまだ新規参入は遅くはないかと思います。