403エラーページを自作する方法

403エラーページを自作する方法って書きましたが、404でも、500でも大丈夫です。

表示させたいページを作って、.htaccessに、

ErrorDocument 403 (エラーページのアドレス)
ErrorDocument 404 (エラーページのアドレス)
ErrorDocument 500 (エラーページのアドレス)

このように書いて終わり。

私の場合だと、

ErrorDocument 403 http://anchan.jp/error/error.html
ErrorDocument 404 http://anchan.jp/error/error.html
ErrorDocument 500 http://anchan.jp/error/error.html

このように書いてます。

レンタルサーバーで用意されたページが表示されてしまってる方など、ぜひお試しください。