PC(iTunes)からiPhoneにPDFファイルを超簡単に転送する方法

読書大嫌いな、あんちゃん(@anchan_jp)です。

でも、iPhoneでなら、ある程度サクサク読めます。

「必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意」を本屋さんで買ってきて、じっくり読んだ後、この本の無料PDF版をダウンロードたまま、ほったらかしになっていましたが、いきなり思い立って、iPhoneに入れてみました。

iPhoneにPDFが読めるアプリを用意する

iPhoneにPDFが読めるアプリを用意しないとどうにもならないので、まずはPDFファイルが読めるアプリを用意します。

ここでは、PDFと言えばこれ!ってぐらい超有名な「Adobe Reader」ってアプリ使ってみます。

価格: 無料(記事掲載時)
サイズ: 11.1 MB
iPhone/iPadの両方に対応

他にもPDFに対応したアプリは大量にあるので、自分の使いやすいものでいいと思います^^

PC(iTunes)からiPhoneにPDFファイルを転送

iTunesとiPhoneを接続して、サイドバーのところのiPhoneを選択し、出てきた画面上部の「APP」を選択します。

その画面の一番下までスクロールすると、「ファイル共有」ってところがあります。今回は、この「ファイル共有」ってとこを使って転送します。

ファイル共有のところにあるアプリのリストの中に「Adobe Reader」があるので、選択します。

↓ ここまでの作業を画像にするとこんな感じです。

↓ Adobe Readerを選択したら、右下の「追加」ボタンを押します。

あとは画面に従って、PCに入っているPDFファイルを選択すれば、ここのリストに追加されます。

最後に、iTunesとiPhoneを同期すればおkです^^

まとめ

ここまでできたら、iPhoneの中に入っているアプリ「Adobe Reader」にファイルが追加されているので、アプリを起動したら読めるはずです。

これで、iPhoneでも好きな時にサクッとPDFファイルが読めますね^^